代表取締役会長 兼 CEO 山本 利行 代表取締役社長 兼 COO 柴尾 雅春

ニフコは1967年の創業以来、プラスチックファスナーのリーディングカンパニーとして、自動車産業をはじめ多くの産業の発展に貢献してまいりました。
プラスチックファスナーは、手のひらに乗る大きさのとても小さな「留め具」です。
「つなぐ・束ねる・結びつける」という役割を持つこの小さくて汎用性のある製品は、お客様の裾野が広く、これまで世界中のお客様からその機能価値を認めていただき、当社は発展してまいりました。
プラスチックファスナーだけでなく、電気などの動力を使わずに滑らかな動きを実現する小型ダンパー、プッシュオープンの概念を世界に広めた浮き出しラッチ、環境規制に対応した燃料タンクシステム向け製品、そして、より高度な設計能力が求められるエンジン・トランスミッション関連製品など、私たちは次々とアイデアと技術力のつまった製品を生み出し続け、今日に至っております。
また、グループ会社であるシモンズは、「最上の眠りのために」最新の睡眠科学を取り入れた商品で、多くの方々からご愛顧頂いております。

ニフコの製品は錆びない・軽い・扱いやすいという、樹脂素材の特性を最大限に生かしたものです。従来の金属製部品と置き換わることで、車両の軽量化、易解体性等を自動車産業界に提案してまいりました。この結果、燃費向上やリサイクル性の向上など、環境負荷の低減に大きく貢献しております。
私たちは自動車産業に携わる企業の責任として、このようにビジネスモデル自体が環境対応に合致することが重要と考えております。また製造現場では、省エネ生産、再生エネルギーの活用等を積極的に進めており、廃棄材の削減、リサイクルの徹底にも努めております。

昨年、また現在も新型コロナウイルス感染症により、私たちは経験した事の無い状況下での活動を余儀なくされ、仕事や生活の価値観は一変しました。そして、この状況に100年に一度と言われる自動車産業の大変革期が重なり、この先を見通すことが増々難しくなってきています。
しかし、私たちはこのような劇的な環境変化をチャンスと捉えております。新たな環境下で、今まで培ってきた強みを進化させ、普遍的な価値を持つ商品を世界中のお客様に提案することで、企業価値の向上に努めてまいります。

2021年9月30日