クルマの「走る・曲がる・止まる」といった役割において、エンジンを心臓に例えるならば燃料は血液になります。
ニフコはこの血液の循環を担う領域にも、ファスニングテクノロジーを活かした製品を供給しています。
人の命に関わる領域に携わっている責任と自覚を持ち、より循環効率の良い仕組みを追求し環境に優しい部品を創造していきます。

1 プッシュリフター 2 フィルター 3 バルブ 4 バッフルプレート 5 ニップル 6 ロックナット

1プッシュリフター

給油の際、給油口のフタの開閉を容易にする製品です。フタをぐっと押し込むと、この製品の働きで簡単にフタが持ち上がります。

2フィルター

燃料を吸い上げるポンプの先端に取り付き、燃料タンク内の異物を除去します。近年では燃料噴射の電子制御化により、高濾過精度フィルターの活躍の場が広がっています。

3バルブ

燃料タンクに装着される製品です。車両の旋回時や転倒時はタンクから燃料が漏れるのを防ぎます。給油時の燃料の入れすぎを防止する機能を持つ製品も提供しています。

4バッフルプレート

燃料タンクの中に設置され、車両の旋回時・減速時に燃料の波立ちによって発生する音を低減する「消波板」です。 近年HVやアイドリングストップ機構の普及により、多くのクルマに普及しています。

5ニップル

樹脂タンクの表面に溶着される製品です。給油時、タンク内にある気体を排出する機能を持つ製品です。環境性能向上により需要が高まっています。

6ロックナット

ポンプモジュールをタンクに取付ける際の樹脂ナットです。燃料タンクに直付けする重要保安部品として、ニフコの高い技術力が活かされています。